注目

ITエンジニアの方にオススメの英会話学習法学習ツールを徹底解説!

他の業種の例に漏れず、IT業界にも国際化の波が押し寄せています。外国人エンジニアと共同でシステム開発を行ったり、海外の企業に転職して働くケースなど、英語が必要となるケースは少なくありません。

そんな状況を考慮し、英会話の勉強を始めようと考えているエンジニアの方は多いのではないでしょうか?この記事では、エンジニアの方にオススメの英会話学習法や学習ツールを徹底解説します!

英会話ができるエンジニアの利点とは

エンジニアが英会話のスキルを習得すると一体どのような利点があるのでしょうか?英会話ができるエンジニアには、下記3つの利点があります。

・転職のときに有利になる

英会話ができる最大の利点は、転職の時に有利となる点です。転職や求人サービスを提供するdodaさんによると、社内SEを募集する企業のおよそ4割、IT企業のおよそ2割が、英語のできる人材を求めているとのことです。

つまり現在IT業界では、英語力のあるエンジニアに対するニーズが多いのです。技術力に加えて英会話のスキルを身につければ、他のエンジニアよりも転職で有利となるでしょう。

参考:ITエンジニアに英語力は必要か、本当のところを教えます。 doda

・海外で働くことができる

英会話のスキルを身につける二つ目の利点は、海外でエンジニアとして働くことができる点です。英語は世界共通語であるため、英会話ができれば基本的に世界中どこでも働くことができます。 日本企業の海外駐在員としてはもちろん、海外の現地企業に直接雇用されてエンジニアとして働いたり、海外でフリーランスエンジニアとして働くこともできるでしょう。

・外国人エンジニアをマネジメントする仕事を行える

現在日本ではエンジニアを含むIT人材が不足しています。今後人口の減少に伴い、現在よりもさらにエンジニア不足が加速すると言われており、多くの企業にとってはエンジニアの確保が課題となります。

そんな中で、IT業界では外国人エンジニアを雇用する動きが活発化しています。外国人エンジニアは人材不足の解決策になるだけでなく、海外進出の足がかりとなったり、低コストで人材を確保できるなどのメリットももたらします。

外国人エンジニアの採用が活発化するに伴い、今後は外国人エンジニアをマネジメントする人材に対するニーズも増えてくると予想されます。外国人エンジニアをマネジメントするには、やはり必要となってくるのが英会話のスキルです。

英会話のスキルを身につければ、今後増加するニーズに対応できるかもしれません。

参考:年々増加する外国人エンジニア・採用するときはここをチェック! dnus

エンジニアは「第二言語習得理論」に基づいて効率的に英会話の勉強を行おう!

普段エンジニアとして仕事している以上、英会話のスキルは効率的に習得したいものですよね。

効率的に英会話のスキルを習得するには、「第二言語習得理論」に基づいて学習を進めるのがオススメです。第二言語習得理論とは、母国語以外の言語(第二言語)を習得する仕組みについて、心理学や言語学、脳科学などの専門的な知見から明らかにした理論です。第二言語習得理論に基づいて学習を進めれば、最短ルートで効率的に英会話のスキルを伸ばせるのです。 この章では、第二言語習得理論に基づいて、効率的に英会話のスキルを身につける勉強法について、5つのステップに分けてご紹介します。