ITエンジニアの方にオススメの英会話学習法学習ツールを徹底解説!

他の業種の例に漏れず、IT業界にも国際化の波が押し寄せています。外国人エンジニアと共同でシステム開発を行ったり、海外の企業に転職して働くケースなど、英語が必要となるケースは少なくありません。

そんな状況を考慮し、英会話の勉強を始めようと考えているエンジニアの方は多いのではないでしょうか?この記事では、エンジニアの方にオススメの英会話学習法や学習ツールを徹底解説します!

英会話ができるエンジニアの利点とは

エンジニアが英会話のスキルを習得すると一体どのような利点があるのでしょうか?英会話ができるエンジニアには、下記3つの利点があります。

・転職のときに有利になる

英会話ができる最大の利点は、転職の時に有利となる点です。転職や求人サービスを提供するdodaさんによると、社内SEを募集する企業のおよそ4割、IT企業のおよそ2割が、英語のできる人材を求めているとのことです。

つまり現在IT業界では、英語力のあるエンジニアに対するニーズが多いのです。技術力に加えて英会話のスキルを身につければ、他のエンジニアよりも転職で有利となるでしょう。

・海外で働くことができる

英会話のスキルを身につける二つ目の利点は、海外でエンジニアとして働くことができる点です。英語は世界共通語であるため、英会話ができれば基本的に世界中どこでも働くことができます。 日本企業の海外駐在員としてはもちろん、海外の現地企業に直接雇用されてエンジニアとして働いたり、海外でフリーランスエンジニアとして働くこともできるでしょう。

参考:ITエンジニアに英語力は必要か、本当のところを教えます。 doda

・外国人エンジニアをマネジメントする仕事を行える

現在日本ではエンジニアを含むIT人材が不足しています。今後人口の減少に伴い、現在よりもさらにエンジニア不足が加速すると言われており、多くの企業にとってはエンジニアの確保が課題となります。

そんな中で、IT業界では外国人エンジニアを雇用する動きが活発化しています。外国人エンジニアは人材不足の解決策になるだけでなく、海外進出の足がかりとなったり、低コストで人材を確保できるなどのメリットももたらします。

外国人エンジニアの採用が活発化するに伴い、今後は外国人エンジニアをマネジメントする人材に対するニーズも増えてくると予想されます。外国人エンジニアをマネジメントするには、やはり必要となってくるのが英会話のスキルです。

英会話のスキルを身につければ、今後増加するニーズに対応できるかもしれません。

参考:年々増加する外国人エンジニア・採用するときはここをチェック! dnus

エンジニアは「第二言語習得理論」に基づいて効率的に英会話の勉強を行おう!

普段エンジニアとして仕事している以上、英会話のスキルは効率的に習得したいものですよね。

効率的に英会話のスキルを習得するには、「第二言語習得理論」に基づいて学習を進めるのがオススメです。第二言語習得理論とは、母国語以外の言語(第二言語)を習得する仕組みについて、心理学や言語学、脳科学などの専門的な知見から明らかにした理論です。第二言語習得理論に基づいて学習を進めれば、最短ルートで効率的に英会話のスキルを伸ばせるのです。 この章では、第二言語習得理論に基づいて、効率的に英会話のスキルを身につける勉強法について、5つのステップに分けてご紹介します。

Step1:中学〜高校基礎レベルの英単語と英文法を学習する

単語や文法を知らないと、英語を話すことはもちろん、相手が言っている英語を聞き取るのも不可能です。そこでまずは、英会話で必要となる中学〜高校基礎レベルの英単語と英文法を覚えましょう。

なお単語を学習する際には、意味だけでなく発音も意識的に覚えましょう。正しい発音で英単語を覚えていかないと、いざ英語を話した時に相手に聞き取ってもらえないので注意が必要です。発音をCD等で聞きながら覚えたり、フォニックスと呼ばれる手法で英語独特の発音を身につけるのが効果的です。

Step2:エンジニアに必要な単語や表現を覚える

システム開発の現場では、特有の専門用語や言い回しが多用されています。一般的に学校で習う単語や文法の知識ではカバーしきれていないので、このタイミングでエンジニアに必要となる単語や表現を覚えましょう。

具体的な勉強法としては、後でご紹介する「エンジリッシュ」を活用したり、エンジニアの仕事で普段使っている表現や専門用語を英語に直してみる方法が効果的です。

Step3:リスニングとシャドーイングの学習

ここまでくれば、英会話に必要な基礎スキルは十分ついています。ここからは、本格的に「リスニング」と「スピーキング」を勉強します。

まずはリスニングですが、こちらはシャドーイングと一緒に学習すると効果大です。シャドーイングとは、CDなどから流れてくる英語の音声を聞き、後から続けて同じ内容を正しい発音で言うトレーニングです。シャドーイングを行うことで、正しい発音で英語を聞いたり話す能力が身につきます。

Step4:瞬間英作文を行う

次のステップでは、瞬間英作文というトレーニングを積み重ねます。瞬間英作文とは、日本語の文章を即座に英文に訳す勉強法です。たとえば「私は3年間英語を勉強しています。」という文章を、一瞬で”I have studied English for three years.”に直すのが瞬間英作文です。

このトレーニングを積み重ねることで、日本語を英語に変換するスピードがアップします。エンジニアの仕事に限らず、実際の英会話ではほとんど途切れることなく会話を繰り広げなくてはいけません。

実践的な英会話を行うのが目標ならば、瞬間英作文により「日本語→英語」の変換スピードを高めるのは不可欠と言えるでしょう。

Step5:英会話の勉強を行う

ここまできたら、あとはひたすら英語で会話する練習を繰り返すのみです。英会話スクールに通ったり留学したりして、英語が身近にある環境で英語を話し続けることが英会話スキル上達の鍵です。

英会話を勉強するのにオススメの学習ツール

最後に、エンジニアが英会話を勉強するのに役立つ学習ツールを2つ厳選してご紹介します。これから英会話を学習したいと考えているエンジニアは、ぜひ参考にしてください。

Podcast

こちらのツールは、英会話に欠かせないリスニング力の向上に役立ちます。Podcastの機能を使えば、インターネット上にある音声や動画のデータをダウンロードして閲覧することができます。

たとえば”THE CHANGELOG”というサイトでは、エンジニアへのインタビュー音声を聞くことができます。リスニング力の向上はもちろん、実際の開発現場で使われている表現や単語を学習することもできます。

参考:THE CHANGELOG

iKnow!

iKnow!は、脳科学に基づいた学習プログラムで英会話を勉強できるツールです。最適なタイミングで復習を行うため、着実に英語力を高める効果が期待できます。

日常英会話に加えて、ビジネス英語などのコースもあり、目的に応じて学習できる点も大きな魅力です。

参考:iKow!

まとめ

英会話のスキルが身につけば、これまで以上にエンジニアとしての市場価値が高くなります。英会話のスキルは短時間で身につくものではありませんが、努力して学習するだけのメリットはあるので、ぜひチャレンジしてみてください!

当ブログを運営しているtech.english(テック・イングリッシュ)とは

tech.english(テック・イングリッシュ)では、ITエンジニアの方に特化したオンラインのマンツーマン、コーチング英語学習サービスを提供しています。

特徴は

  • 質の高い日本人によるマンツーマンのオンライン英語レッスン
  • 個別学習プログラムの設計
  • メンタリング、日々の学習管理が、すべて自宅で受講可能

最短2か月から、受講することが可能です。海外就職や留学、転職のためのスキルアップなどをお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。

無料オンラインカウンセリングを実施しております。

▼▼▼ 無料カウンセリングはこちらから

無料カウンセリング

https://tech-english.jp/userform.html

サービスの詳細はこちら

https://tech-english.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。